ついつい小学校入学は親が焦ってしまう!?わたしが失敗した子どもの習い事とは?

こんにちは
自己肯定感をはぐくむママ日記
三条まいです

子どもたちは
2021年4月から
とさ自由学校に入学しました 

子どもを出産し、
離婚後ひとり親として
子どもと幸せに暮らしている
日々を赤裸々に公開中!!

このブログの登場人物です。
左から、
一番目さん、ママ、二番目さんてへぺろ

今が大変でも大丈夫!
未来は、「今、ここから」
変えていくことができますよ!

最近、感じること
「小学校入学時は
親の方もはりきっちゃう!」
ニコニコ

1.小学校と言っても
 低学年はまだまだ幼児が
 のこっている 

小学校入学となると、
親のイメージは小学5,6年生を
想像していることが多いですね笑い泣き

というかわたしがそうでした(笑)

しかし、

まだ小学校1年生は小さいのです!

小1~2年生は体も小さいし
人との距離も近いしドキドキ

男女もあまり差がなく遊ぶしてへぺろ

実は小学校入学と言っても
2年生くらいまでは

まだまだ

「小さくて幼くて
 かわいらしい」という感じですね。

小学校3年生くらいになると
男の子はギャングエイジといって
どんどん悪さをしたがっていくような
集団のエネルギーが生まれていきます。

女の子たちとも
徐々に距離を取る子も増えてきますね。

2.わたしが犯した失敗とは?

わたしの失敗!!

それは

1年生になって
習い事に張りきったこと!!

サッカーが好きだ!と言っていたし
やりたい!と話したし、


1年生になったし!!

さっそく探して
習い事をさせたんです!

しかも、ユニフォームも含めてお高い!!
2万円ちかく・・・

結果は・・・・・

あえなく
3ヵ月で

「やめる~」

親の気持ち↓

( ;∀;) 

まじで?!

はやくないか!!

と思ったものの

ムリにやらなくてもいいか、

と思いやめましたグラサン

3.今思うと自分も小学校入学
ハイになってたんですよ!

やっぱりなんか才能あるかもしれないし!(笑)
やりたいならやらせてみよう!と

親が張り切ってしまいました。

落ち着けわたし。

一番目さんは
割と飽きっぽい性格ですもんね。

一番目さんのテンションに合わせて
気軽なサッカーの体験を
ちょっとさせればよかった!!

習い事で
ついつい親の方が
チカラが入ってしまいました。

反省ですえーん

一番目さんいわく

「○○のチームでサッカーを
ちょっとやってみたら、
思ったよりみんながうまくないので、((笑))あまり楽しくない」

「ぼくだって色々やってみないと
分からない」

はい、その通りですねびっくり

確かに確かに!
思ったより成長してる~照れ

ママのショックは
ユニフォーム代です笑い泣きww

それ以来のわたしの学び

やりたい!と言ったら
ちょっとしたおやすい体験を何度かさせる。
それでも続けたがったら、
本格的なところを探す

です!!

親が前のめりになりすぎないのが
一番のポイントですね

子どもの人生の境界線を踏み越えないように
気をつける必要があります♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA