自己肯定感があがる夜寝る前の習慣

こんにちは。
臨床心理士/メンタルコーチの三条まいです。

3年間で2000件以上の相談を受け、
自己肯定感をアップをサポートしています。

さて本日のお話しは

自己肯定感があがる夜ねる前の習慣

です。

おススメの習慣

夜寝る前に、今日できたことを3つ書く

夜、書く時間があれば、


ノートに
自分ができたことを
3つ書いてみましょう!

時間がない方は、
お布団に入った時に思い出すことでも
いいですよ。

どうして夜に思い出すといいのか?

私たちの記憶というのは
時間がたつにつれてどんどん
薄れていくのです。

以下の図を見てください↓

エビングハウスの忘却曲線より

学習心理学の領域で
紹介される忘却曲線ですが、

私たちの記憶も同じです。


よかったことを、
夜(復習して)思い出すと

わたしたちの記憶に
より定着していくことになります。

自己肯定感が低い人は?

自己肯定感が低い人は、

ある意味で
成長意欲が高いともいえます。

そのせいで

夜ねる前に、

あれもできなかった」
「これもできなかった

後悔と自分を責めること

をしがちです。

さらに、
先ほどの忘却曲線から考えると
思い出せば出すほど、


「わたしはダメだ!」

という記憶や出来事を
定着させることになります。

まとめ

夜ねる前に、
ポジティブな記憶を
思い出して
自己肯定感を高めることができます!

毎晩、


わたしはよくできた
頑張った!

とほめてあげてくださいね♡

————-*

インスタでは

▷美しい女性になるためのココロの在り方

▷移住しておススメな高知のスポット

▷シンママ子育て を発信中

リールは毎日投稿していますので、

フォローしていただけると嬉しいです。

@maimaisanjo お気軽にフォローしてください

*————————-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA