子どもがハッピーになる魔法の声かけ

忙しいママでも愛情不足を感じさせない子育て
子育てコンサルタントの三条まいです。

本日のお話しは
子どもがハッピーになる魔法の声かけ



愛野高子さんのゲストライブで
お話ししました。

愛野高子さんのライブグループ 潜在意識専門オンラインサロン

子どもがハッピーになる魔法の声かけとは?

このお話しをすると

「ほめるとかいうんでしょ?!」
「もうわかってますし!」

そんな声が聞こえてきそうです(笑)


「ほめる」ということを
親御さんに伝えると

「ほめないといけないことはわかってるけど、
どうやってほめるか分からないし、
褒めたら甘やかしているような気がして」


と言われることがあります。

そうなんです!
真面目で一生懸命な親御さんほど
ほめるということの難易度が上がります。

子どもに対して肯定的な注目をする

ほめるもこのジャンルに入りますが、

まずめちゃくちゃおススメなのは
以下の3つです。

  • 笑顔(子どもに笑顔を向けることが最強です)
  • 認めること(子どもの考えや行動を常に認めることはすごく大事です。*ちなみに認めることと、受け入れるは違います。この違いはまた後日)
  • 興味関心を示してあげること(特に子どもが好きなことに対して質問してみる)

たかちゃんのエネルギー子育て

愛野高子さんは
「エネルギー子育て」とおっしゃいました。

”子どもがしたい、言いたいということを
まずはエネルギーとして受け止めて、表現をすることを見つめている”

なるほど!!さすがです❤

これってつまり、


「お母さんが究極的に子どもを認めている」

ということです。

そうなってくると子どもはもっと
自発的な表現や行動が増えてきますよね。

まずは子どもがすることを
見つめて認めていくことは
最強です!

でもでも、
その境地にある秘訣として
たかちゃんが話してウケたのは

まず、自分がひどい鬼BBA(ばばあ)であったことを認めた

ということです。(笑)

自分が最初はひどく下手な子育てて

「後ろから蹴っ飛ばしたいくらい」(笑)

と話したたかちゃんが最高でした。

わたしも最初は
児童相談所呼ばれるくらいだったし、
子どもにもっと優しくしたら?と言われるくらいでした。

最初の子育てのひどさを認めて表現できたら、
ワンランクアップの心の余裕が生まれます。

魔法の声かけもあっさりできるようになると
子どもが本当に変わっていきますよ♡

公式Line

公式Lineプレゼント!

子どもが伸びる!

タイプ別診断と解説音声 プレゼント中!

https://lin.ee/gM8SHVL

毎週月曜日には、働くママと子どもが

笑顔になる子育て実践メッセージが届きます♡

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA