難しい子を育てるには?

こんにちは。
子育てコーチの三条まいです。

前回は、「子どもの生まれつきタイプとは?」について
お話ししました。

今回は、
難しい子をどう育てるのか?
についてお話ししますね!!

親と子どもの相性とは?

自分の子どもの性格をどうとらえ評価するか、
は親次第です。


特に、親が「家で大人しくしている子」を求めているのに
子どもが「外でいつも走り回っている」場合など
扱いづらくなることがあります。

つまり親と子どもの性格(気質と呼ばれています)が、
異なると、扱いづらさは変わります。

重要なのは、子どもを知り、子育てを合わせること

子どもとの相性が悪い場合はもちろん
良い場合でも、
子どもの性格を見極めて、
対応して合わせていくことが大切です。

子どもが気難しい時 

どんな子どもでも、必ず難しい時があります。
不機嫌だったり、怒りっぽかったり、
そういう時は子育てが特に難しく感じます。

ラクにするには4つのポイントがあります。

難しい子どもをラクにする4つの方法

1.関わり続ける

2.トレーニングを受ける

3.一貫した態度で臨む

4.ぶつかったらブレイクタイムを取る。

難しいから、親はついつい
放っておく傾向にありますが、
むしろ常に共感し、理解するというコミュニケーションを取ることで
落ち着いていく傾向があります。

また親がトレーニングを受けることで、
新たな視点を獲得して、
子どもの要求に敏感に反応できるようになります。

(*3ヵ月にわたってトレーニングを受けた母親の赤ちゃんの70%の愛着が安定していたという結果に対し、トレーニングを受けなかった子どもは30%の愛着の安定だったという結果:
ダイヤモンド社「最高の子育てベスト55」より)

今回参考にした本はこちら

まとめ

子どもの性格と親の性格は相性がある

相性が良くても悪くても、子どもの性質を見極める必要がある

難しい子どもの場合は特に、子育てトレーニングは有益
三条まいよりプレゼント

子どもが伸びる!タイプ別診断と解説音声 プレゼント中!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA