人のあれこれに巻き込まれやすいあなたへ

こんにちは。
三条まいです。
初めましての方はこちら

夏休みのんびり過ごしていますか?

(この記事を書いているのは
2021/8/18)

雨ばかりで体調やメンタルを整えるのが
とても難しいなと感じる今日この頃です。

単純に日光を浴びないと

幸せを感じる脳内物質である
セロトニン分泌が減るので、
幸せ度が下がってきますね~

運動と睡眠で補って、
セロトニン的幸福を育てていきましょうね!

最近セッションでたくさんの方の
話を聴いていくと

「人によく攻撃される」
「強引な人によく誘われる」
「さらに断れない」

人によく口出しされる」

といったお悩みを聴くことがあります。

今回はこれらのお悩みの原因を
お伝えします。

1.境界線(バウンダリー)の課題があります。

 

 境界線とは簡単にいうと

 「何かと他を区別するもの」ですね。

 領土問題をイメージすると分かりやすいのですが、

 「侵犯」「相互に関わらない」「あえて曖昧にする」 

 といった変化する関係のシンボルです。

 

 家族の問題ではバウンダリーがよく課題になります。

 

 独立した個人の集まりでありながら、
子育てや夫婦といった依存性もあるために、
お互いのバウンダリーが感じづらくなります。

あなたのバウンダリーは日々感じられていますか?

侵入されている感じはありませんか?

ぜひ振り返ってみてください♪

2.「家族と社会」「親と子」の境界の課題はありませんか?

たとえば、

子どもが成人しているのに、
親世代が子どもとの間に一線を引かないことがあります。

もしくは、引く必要もないと
いつまでも
保護的であったり、
指示的になることがあります。

たとえば、
結婚しているのに、
夫の親が頻繁に家に来て
ムスコ家族のあれこれに口を出すということもあります。

その場合、いつまでも侵入されているため、
バウンダリーの問題を抱えやすくなります。


いつまでも夫は父親役割へ成長できず、
父親はいるけど心理的には不在のまま、
家族内は自立の問題を抱えやすくなることがあります。

3.侵入されやすさは巻き込まれやすさ

 あなたのバウンダリーはどんな感覚を持っていますか?

侵入されやすい方は巻き込まれやすい方でもあります。

人と自分とのバウンダリーを主張できず
不快だと感じていても、言い出せないことがあります。

侵入されやすい人は、
侵入しがちな人になぜか見つかりやすいのです。

侵入しがちな人は、
誰ならかんたんに入っていけるか、
どこなら平気かを見定めようとしています。

侵入されないようにあなたの家族を守ることも大切ですし、
あなた自身を守ることも大切ですよ。

あなたの幸せを応援しています♪

この記事は

以下を参考書として使用しています。

”対人援助職のための 家族理解入門 家族の構造理論を活かす”

(2013) 団士郎,中央法規 

団士郎さんは家族の問題をマンガで伝えてくれる本もあって
すごく好きです。

「家族の練習問題」

この本(マンガです)は図書館にあるので探してみてくださいね!

より取組みたい方への追記

大きな大変な体験を抱えている方は
バウンダリーがほころびていて
自分自身も気づかないことがあります。

虐待や大きな事故などで
一度大きく侵入されると
自律神経が整いにくく、
そちらへ神経が向かないように
カラダがあなたを保護してしまうことがあります。

そういった方はSE療法が大変効果的です。

つらいことを思い出さなくても、
一緒にあなたのチカラを育てていくことができます。

セッションのページをぜひご覧くださいね。


  

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA